アレルギー性鼻炎

耳鼻咽喉科で診る主な病気や症状

アレルギー性鼻炎

症状

「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「鼻がかゆい」「鼻血が出る」などの症状が出ます。
また、アレルギー反応が強くなると「頭痛」「においの低下」「鼻が重い」「鼻の奥の痛み」などの症状も現れます。

原因

代表的なもので、ハウスダスト、ダニ、カビ、スギ花粉、ヒノキ花粉、カモガヤ(イネ科雑草花粉)、ブタクサやヨモギ(キク科雑草花粉)、イヌの毛やフケ、ネコの毛やフケなど多数あります。
これらが原因となり、鼻の中でアレルギー反応を起こし、いろいろな症状を引き起こします。

検査

鼻水を調べることで鼻の中でアレルギー反応が起きているかどうかわかります。
ただ、鼻水の検査だけではアレルギーの原因までは判定できませんので、アレルギー反応の原因を調べるためには、血液検査を行う必要があります。

当院での治療

お薬には内服薬と点鼻薬があり、患者さんの年齢や症状に合わせて処方いたします。
また、診察終了後にアレルギー用の吸入治療(ネブライザー)を行うことで症状の軽減が可能です。
なお、検査でアレルギー反応が陽性であっても、症状がなければ治療の必要はありません。

主な病気の目次へ戻る