こどものいびき

耳鼻咽喉科で診る主な病気や症状

こどものいびき

症状

いびきがひどくなると、息が止まってしまい無呼吸が起きるようになり、十分な睡眠が取れなくなります。
そのため、起床時の不機嫌、おねしょ、昼間の活動低下、成長障害、多動、注意欠陥障害、学習障害などが現れることがあります。
また、睡眠中、息を吸うときにいびきとともに胸がへこんでしまう場合は、肺への空気の流入がかなり悪い状態といえます。

原因

子どものいびきの多くは、のどにある扁桃腺やアデノイドが大きいことが原因となります。のどの空間が狭くなり、いびきをかくようになります。
また、アレルギー性鼻炎(花粉症)や鼻かぜ、副鼻腔炎(ちくのう症)で鼻づまりがあると、いびきになることもあります。

当院の考え方

鼻が原因の場合は、それぞれの鼻の病気の治療をすれば改善するでしょう。
扁桃腺やアデノイドが原因の場合は、扁桃腺摘出術やアデノイド切除術などの手術を行うことで、劇的にいびきの改善が見込めます。
お子さんのいびきが大きければ、積極的に手術をおすすめします。ただ、手術となると迷うご家族の方もいるかと思います。そんな時は、実際に手術を担当する市民病院などを受診し、意見を聞いてみましょう。ご希望があればいつでもご紹介いたします。

主な病気の目次へ戻る