めまい

耳鼻咽喉科で診る主な病気や症状

めまい

症状

めまい

耳のめまいは、ぐるぐると回る回転性のめまいが多く、程度がひどいと吐き気や嘔吐する場合もあります。2、3日すると症状は軽くなっていきます。
ひとくちにめまいといっても、耳以外の原因で起こるめまいも多く、ふらつき感が続く場合は、脳の検査も必要になります。

原因

耳の奥にある三半規管が関係しています。
両耳で平衡感覚を保っているのですが、急に片耳の機能低下(病気)が起こると、左右のバランスが取れなくなり、多くは回転性のめまいが起こります。

検査

mimi07_02.jpg

聴力検査:
メニエール病の診断のためにも必要になります。
眼振検査:
めまいがある場合に現れる、眼球の揺れをみる検査です。
重心動揺検査:
バランスを取る検査でめまいの程度を確認します。
頭MRI検査:
脳に病気がないか検査をします。(市民病院に依頼)病気を診断するために、これらの検査を必要に応じて行っていきます。

当院で行うことができる検査には限りがあります。原因がわかりにくいめまいは、市民病院などに紹介しています。

主な病気の目次へ戻る