鼻の病気

耳鼻咽喉科で診る主な病気や症状

副鼻腔炎(ちくのう症)

症状

副鼻腔炎

副鼻腔の中にたまった膿が、鼻の中に逆流するため、色のついたネバネバした鼻汁が出る、鼻がつまる、鼻汁がのどに流れ落ちるなどの症状のほか、頭痛や頬の痛み、歯の付近の痛みが起こります。においがわからなくなったり、くさいにおいがする、耳がボーンとするなど、さまざまな症状があらわれます。

原因

鼻風邪などによって、細菌やウイルスが鼻から副鼻腔に入ることがあります。すると副鼻腔の中で炎症が起き、膿が溜まってしまいます。この状態が副鼻腔炎です。鼻腔炎は昔から蓄膿症(ちくのう症)と呼ばれています。

検査

内視鏡カメラで鼻の奥を詳しく診察します。レントゲン写真を撮影して診断する場合もあります。また、副鼻腔の腫瘍などと区別するために、CTやMRIを撮影することもあります。

当院での治療

殺菌作用のある抗菌薬を内服していただきます。特に慢性化した副鼻腔炎にはクラリス、クラリシッドという抗菌剤を1〜2ヶ月服用する必要があります。鼻の中に鼻汁が溜まっている場合には、吸い出す治療も行います。また、抗菌薬などを含んだ薬液を鼻の奥まで噴霧吸入するネブライザー治療も行います。

主な病気の目次へ戻る

診療状況について

  • 本日の診療状況
  • 診療時間の目安
  • 混み具合の目安

診療日時

診療日時

  • △土曜日 9:00〜13:00
  • 〈受 付〉8:40〜12:00、15:10〜18:30
  • 〈休診日〉土曜午後、木曜、日曜、祝祭日

ピックアップ

  • 耳・鼻・動画
  • 耳・鼻・のどの主な病気
  • スタッフ募集
  • よくあるご質問
  • キッズサイト【子どもの病気や救急法など役立つ情報が満載!】