その他の病気

耳鼻咽喉科で診る主な病気や症状

おたふくかぜ

症状

耳の下からあごにかけて腫れ上がり、痛くなります。また、発熱や頭痛をともなうことも多くあります。

原因

原因となる病原体は「ムンプスウイルス」で、2〜3週間の潜伏期間を経て発症します。このウイルスはくしゃみ、せきなどの時に出る飛沫物(つばき)や手などの接触によって、人から人へと感染していきます。

合併症

千人に一人くらいの割合で、難聴が起こるとされています。その多くは片側の高度難聴で、治すことが難しいのが現状です。他には髄膜炎や、思春期以降の男女が感染すると睾丸炎、卵巣炎を起こすこともあり、まれに不妊の原因になります。また、女性では妊娠13週までの妊婦が感染すると、その25%が自然流産を起こすとされています。

検査

「おたふくかぜ」以外にも耳下腺が腫れる病気があるので、血液検査で確実に診断することが望まれます。

当院での治療

特効薬はないので、痛みや発熱の症状を押さえる治療のみとなります。

主な病気の目次へ戻る

診療状況について

  • 本日の診療状況
  • 診療時間の目安
  • 混み具合の目安

診療日時

診療日時

  • △土曜日 9:00〜13:00
  • 〈受 付〉8:40〜12:00、15:10〜18:30
  • 〈休診日〉土曜午後、木曜、日曜、祝祭日

ピックアップ

  • 耳・鼻・動画
  • 耳・鼻・のどの主な病気
  • スタッフ募集
  • よくあるご質問
  • キッズサイト【子どもの病気や救急法など役立つ情報が満載!】