のどの病気

耳鼻咽喉科で診る主な病気や症状

咽頭炎(のど風邪)

咽頭炎(のど風邪)

症状

多くの場合が、のどの痛み、痰のからみを自覚します。さらに炎症が強くなると、のど粘膜が化膿し膿が付くようになり、発熱や頭痛、関節痛、身体のだるさなどの風邪の症状を自覚するようになります。また、耳のつまりを感じることもあります。

原因

「のど風邪」のことを咽頭炎といいます。
咽頭の粘膜に風邪のウイルスや細菌が付着して感染、炎症が起きた状態が咽頭炎です。特に上咽頭の炎症を上咽頭炎と呼びます。

当院での治療

抗菌剤や去痰剤、消炎鎮痛剤の内服薬の処方をします。またうがい薬やトローチを処方する場合もあります。炎症が強く、症状も強い場合は点滴治療を行います。また、吸入療法(ネブライザー)を行うことで、のどの腫れを鎮める効果が期待できます。

主な病気の目次へ戻る

診療状況について

  • 本日の診療状況
  • 診療時間の目安
  • 混み具合の目安

診療日時

診療日時

  • △土曜日 9:00〜13:00
  • 〈受 付〉8:40〜12:00、15:10〜18:30
  • 〈休診日〉土曜午後、木曜、日曜、祝祭日

ピックアップ

  • 耳・鼻・動画
  • 耳・鼻・のどの主な病気
  • スタッフ募集
  • よくあるご質問
  • キッズサイト【子どもの病気や救急法など役立つ情報が満載!】