のどの病気

耳鼻咽喉科で診る主な病気や症状

扁桃腺肥大

症状

軽度の扁桃腺肥大であれば、特に症状はありませんが、左右の扁桃腺が真ん中でくっついてしまうほど大きいと、「いびきが大きい」「寝ている時に息が止まる(睡眠時無呼吸)」「よだれが多い」「食べるのが遅い」「飲み込みづらそう」などの症状が出ます。

経過

扁桃腺肥大

生後すぐは、扁桃腺は小さいのですが、年齢とともに大きくなることが多く、5、6歳で大きさのピークをむかえます。そして、身体の成長とともに、扁桃腺は小さくなることが多いのですが、扁桃腺炎を繰り返しているお子さんは、扁桃腺が肥大したままで、大人になっても小さくならないこともあります。

当院の考え方

検診や小児科、内科で扁桃肥大と言われても、先に述べた症状がなければ、様子をみればよいでしょう。しかし、上記の症状がいくつかあったり、症状が強ければ、手術で扁桃腺を取ることをおすすめします。多くの場合が手術によって症状が改善します。なお手術は入院が必要となりますので、市民病院などにご紹介をします。

主な病気の目次へ戻る

診療状況について

  • 本日の診療状況
  • 診療時間の目安
  • 混み具合の目安

診療日時

診療日時

  • △土曜日 9:00〜13:00
  • 〈受 付〉8:40〜12:00、15:10〜18:30
  • 〈休診日〉土曜午後、木曜、日曜、祝祭日

ピックアップ

  • 耳・鼻・動画
  • 耳・鼻・のどの主な病気
  • スタッフ募集
  • よくあるご質問
  • キッズサイト【子どもの病気や救急法など役立つ情報が満載!】